ヨハネス・フェルメール / Johannes Vermmer

1632-1675年

バロック絵画を代表するオランダの画家であり、17世紀 オランダ黄金時代の代表画家。光を緻密に表現した独特の作品が特徴で、のちに『光の魔術師』と呼ばれる。当時、純金と同じくらいの価値があったラピスラズリという鉱物から生み出される青色「ウルトラマリン」を使用できた数少ない画家で、後世「フェルメール・ブルー」とまで言われるようになった。真作とされる総作品数は33~36点と寡作の画家。19世紀半ばにフランスの美術批評家によって発掘され、ゴッホやプルースト、ダリなどに絶賛され、17世紀オランダ絵画を代表する画家として位置づけられる。

真珠の耳飾りの少女

真珠の耳飾りの少女

ヨハネス・フェルメール(2画セット)

ヨハネス・フェルメール(2画セット)

牛乳を注ぐ女

牛乳を注ぐ女

販売元:橘企画株式会社

Tel: 03-5577-7491(平日10:00-17:00)

Fax: 03-5217-3566

Email:info@t-inc.co.jp

© 2020 by Sun excel art calendar